パレスチナ

紛争と最終的地位問題の歴史

Minerva21世紀ライブラリ-

阿部俊哉

2004年11月30日

ミネルヴァ書房

3,740円(税込)

人文・思想・社会

まさに袋小路に陥った「パレスチナ問題」について、本書では、「紛争と交渉の歴史」と、パレスチナ問題の核心を構成する「最終的地位問題」を取り上げ、問題の争点は何か、和解の可能性は果たしてあるのかを考察する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください