知的障害のある人への精神分析的アプローチ

人間であるということ

ヴァレリー・シナソン / 倉光 修

2022年2月14日

ミネルヴァ書房

6,050円(税込)

人文・思想・社会

原著者のシナソンは、知的障害のある人に精神分析的心理療法を試みた先駆者である。彼女は本書で、詳しい臨床事例と豊かな考察、文学作品の引用や自身による詩作を通して、これまでほとんど言及されてこなかった事実を浮かび上がらせるー共に人間であることを実感しながらかかわるとき、障害という防壁の隙間から信じられないほど鮮やかな知性のきらめきが垣間見られるという事実を。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください