通信工学概論第2版

基礎電気・電子工学シリーズ

山下不二雄 / 中神隆清

2000年10月31日

森北出版

2,420円(税込)

パソコン・システム開発

本書では、今後の通信系がいわゆるマルチメディアの情報を同一の伝送路を使用することを考え、情報源に関することは一括し、それらの情報を電気信号に変換し伝送する方法を以下の章に説明した。今後の通信形態として考えられる主要問題を最後の章に加えてある。第2版では、符号化された信号の伝送に必要な通信プロトコルを追加し、動画像の符号圧縮方式の説明を加え、信号のディジタル変調を補足し、信号の多重化に符号分割方式をとり入れてある。交換システムではパケット交換からISDNの基礎となったATM交換について新しく説明を加えた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください