処女峰アンナプルナ

最初の8000m峰登頂

ヤマケイ文庫

モリス・エルゾーグ / 近藤等

2012年7月31日

山と渓谷社

1,100円(税込)

人文・思想・社会 / ホビー・スポーツ・美術 / 文庫

1950年6月5日、エルゾーグを隊長とするフランス登山隊は、標高8091メートルのアンナプルナ頂上に人類初の足跡を印した。未知の山域で、幾多の偵察を重ねた上での歓喜の登頂。しかし遅すぎた登頂の代傷として、下山中に嵐につかまり、隊員たちは生死の境をさまようことになる。初登頂を支えた隊員たちの友情と、生還に向けての凄惨な脱出行を描いた不朽の名著。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.35

読みたい

4

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

ボチボチ

starstar
star
2.6 2018年01月03日

感動とかはなかったが、生還劇としては勉強になった

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください