感謝されない医者

ある凍傷Dr.のモノローグ

金田正樹

2007年3月31日

山と渓谷社

1,760円(税込)

美容・暮らし・健康・料理

凍傷で壊死した指を切る医者のやるせなさ。「もっと自分の手足を大事にしろよ」800例の凍傷患者を診た臨床医の切実な言葉だった。本書は、患者の心理に言及しながら、凍傷の最近の治療法まで綴った、「感謝されない医者」の独白である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.5

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

凍傷を知れるいい本

starstarstar
star
3.5 2018年06月13日

10年前の本だが参考になった 凍傷予防法 1.登山のスピードアップ トップの時間がかかった場合のビレイヤーの凍傷が多い 2.脱水に気をつけろ 高所での登山、4000mの場合1日4リットルを飲む。できれば電解質と。 3.湿度と風に充分に注意 首の神経を冷やすな。手首を冷やすな 4.装備の工夫 手袋はスペア必携。登山靴は一度履くと脱ぐことができない。常に足趾の温度に注意をはらう。ピッケルを持つときとビレイ時は指が屈曲位になる。金属からの低音、長時間の同じ屈曲位は凍傷の要因 5.ビバーク中の凍傷が多い。 場所が適切でないと凍傷になる。風の体感温度の低下を考えると、雪洞が最良。 緊張をほぐす温かい飲み物が凍傷を防ぐ最大の要素。 6.凍傷予防薬はない 7.寒さを肌で感じ、早めの対処をこころがける

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください