社会学入門新版

有斐閣新書

秋元律郎

1990年3月1日

有斐閣

880円(税込)

新書

まず社会学がどのような学問であるかをあきらかにした後、社会変動という基本問題にふれ、さらにこれを家族、地域社会、職場といった日常生活にかかわる領域からとりあげていった。そして社会学が、ひとつの経験科学として現実と切りむすんでいくとき、そこで求められる社会調査の方法を紹介し、最後にわれわれの直面している社会問題をどうとらえるかしめすことにした。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください