中世の王朝社会と院政

白根靖大

2000年2月29日

吉川弘文館

7,700円(税込)

人文・思想・社会

中世前期の王朝社会について、院政を軸に政治制度と秩序体系を追究。院司や院宣などからみた院政の展開、昇殿制や家格秩序の実像などを考察し、専制君主たる「治天の君」から制度化された「治天」への変遷を浮き彫りにする。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください