日本古代女官の研究

伊集院 葉子

2016年9月28日

吉川弘文館

9,900円(税込)

人文・思想・社会

唐を模範とした日本の律令制は、官僚機構から女性を制度上“排除”する一方、重要政務を課し、行政運営のなかに“包摂”した。この矛盾したシステムのもと、女官が得た公的地位とはいかなるものだったのか。令制前の男女共労体制の踏襲から平安期の制度変容による女房登場まで、古代女官の実態を追究。律令国家を支えた女性の政治的役割に迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください