狐笛のかなた

上橋菜穂子

2003年11月30日

理論社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

夕暮れの枯野を火色の毛皮を光らせて駆ける子狐はふしぎな娘に出会った。“あわい”に生まれ、使い魔として生きる野火。“聞き耳”の力を受け継いでしまった小夜。そして、森陰の屋敷に幽閉されている少年小春丸。彼らは、隣り合うふたつの国の、過去の因縁と呪いの渦に巻きこまれていく。孤独でまっすぐな二つの心の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.9

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

69

未指定

35

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

金鯱

★★★★☆

starstarstar
star
3.6 2019年11月17日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください