天使はブルースを歌う

横浜アウトサイド・ストーリー

山崎 洋子

2019年4月25日

亜紀書房

1,980円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

元ザ・ゴールデン・カップスのギタリスト・エディ藩から、慰霊歌の作詞を依頼された著者。横浜には、訪れる人も少ない外国人墓地があり、戦後、八百体とも九筆体ともいわれる嬰児が人知れず埋葬されたという。一体何があったのか。横浜の知られざる闇への旅が、幕を開ける。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください