ドイツ人はなぜヒトラーを選んだのか

民主主義が死ぬ日

ベンジャミン・カーター・ヘット / 寺西 のぶ子

2020年9月30日

亜紀書房

2,420円(税込)

人文・思想・社会

ナチ党の活動は、第一次大戦後に英米が押し進める国際協調、経済的にはグローバリゼーションに対する抵抗だった。戦後賠償だけがドイツを追い詰めたわけではない。ロシア革命などによる東方からの難民、共産主義への保守層の拒否感、社会の激しい分断、正規軍と準軍事組織の割拠、世界恐慌、「ヒトラーはコントロールできる」とするエリートたちの傲慢と誤算。それらを詳細に追いながら、ヒトラーが完全にドイツを掌握するまでを描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

4

未読

3

読書中

1

既読

2

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください