間主観的な治療の進め方

サイコセラピ-とコンテクスト理論

ドナ・M.オレンジ / ジョ-ジ・E.アトウッド

1999年9月30日

岩崎学術出版社

3,080円(税込)

人文・思想・社会

本書は、間主観性理論の新しい展開を告げる第1作である。第1に、本書においてストロロウらは間主観性理論を「メタ理論」、つまり、「理論に関する理論である」と呼んでいる。ことばを換えて言えば、間主観性理論は、どんなサイコセラピーにも普遍的な、つまり、どんな理論を信奉する治療者にも適用可能な理論ということになる。第2に、間主観性理論は臨床作業における技法としてではなく、感性として定義され、論じられている。この視点は、間主観性理論の核心を、さらに明らかにしている。第3に、自己開示、中立性、解離などに関し、より臨床的、具体的な論議がなされており、間主観性理論の臨床的応用がさらに明らかにされている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください