伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける87の法則

Asuka business & language book

山口拓朗

2014年1月15日

明日香出版社

1,540円(税込)

語学・学習参考書

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.75

読みたい

21

未読

8

読書中

0

既読

11

未指定

36

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

ryota_nappa

これを読めば上達必至

starstarstarstar 4.0 2021年08月22日

自分は仕事上文章を書く機会が多いので本書を読んでみたが、非常に分かりやすく、上達すると思った。 各所で文章を書くテクニックが「ダメ分」と「修正文」の紹介方式でされており、非常に分かりやすかった。「ダメ文」は、「なんかダメだなぁ」と思いつつも自分では何がダメかよく分からなかった。修正文を見て「なるほど」「こんなやり方が、、、」と勉強になった。特に意識しようと思ったことは、「修飾語は、長い→短いの原則」。 また、自分は文章を書くのに時間がかかることが悩みだが、本書で紹介されている「一気に書きあげる(50%)→磨き上げる」(絵を描く時に細いところからやらないよね?)ということを意識すれば 間違いなく早くなると感じた。

全部を表示

mixoost

これを読めば上達必至

starstarstarstar 4.0 2020年06月07日

自分は仕事上文章を書く機会が多いので本書を読んでみたが、非常に分かりやすく、上達すると思った。 各所で文章を書くテクニックが「ダメ分」と「修正文」の紹介方式でされており、非常に分かりやすかった。「ダメ文」は、「なんかダメだなぁ」と思いつつも自分では何がダメかよく分からなかった。修正文を見て「なるほど」「こんなやり方が、、、」と勉強になった。特に意識しようと思ったことは、「修飾語は、長い→短いの原則」。 また、自分は文章を書くのに時間がかかることが悩みだが、本書で紹介されている「一気に書きあげる(50%)→磨き上げる」(絵を描く時に細いところからやらないよね?)ということを意識すれば 間違いなく早くなると感じた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください