銀翼の虜囚

書下ろし戦時冒険小説

アスペクトノベルス

横山信義

1999年12月31日

アスキー・メディアワークス

946円(税込)

小説・エッセイ / 新書

日米開戦劈頭ー。在比米軍基地に向かう大編隊の中に、帝国海軍最新鋭戦闘機『零戦』を駆る、若き海軍中尉伏見節雄の姿があった。まだ戦歴の浅い伏見は『撃墜王』の名誉を得るための条件ー通算撃墜数五機目となる米軍機を追いつめるが、米軍の対空砲によって、燃料槽に銃撃を受ける。敵地での不時着を余儀なくされた伏見は、機密保持の為に機体を爆破しようと試みるが、着陸の衝撃で意識を失ってしまった。無頼の商船『七福神』に助けられた伏見は、愛機が既に米軍の手中に落ちてしまった事を知り愕然とする。最新鋭機の機密を巡り、機体の解析を急ぐ米軍。そして海軍士官の矜持を賭ける伏見が繰り広げる戦時冒険小説第一弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください