桜の國の物語

ひのこだま

B's-LOG文庫

カガミコ

2007年2月28日

エンターブレイン

594円(税込)

ライトノベル

女は三度火を出したら、「ひのこだま」になる…。大火を出し、余所者の男と蒸発した母親のせいで「罪人の娘」と蔑まれ、つらい奉公生活を強いられている篝。その篝に、夏になると決まって会いに来る男がいる。漆黒のインバネスを纏い、白銀の長髪をゆらす美青年の名は、流星。見世物小屋の座長をしている流星は、炎をあやつる篝の異能に興味があるらしいのだが…!?春には桜に彩られるうつくしい國で、少女の運命はめまぐるしく回り始めるー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

1

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください