“文学少女”と慟哭の巡礼者

ファミ通文庫

野村 美月

2007年8月30日

KADOKAWA

682円(税込)

ライトノベル

もうすぐ遠子は卒業する。それを寂しく思う一方で、ななせとは初詣に行ったりと、ほんの少し距離を縮める心葉。だが、突然ななせが入院したと聞き、見舞いに行った心葉は、片時も忘れたことのなかったひとりの少女と再会する!過去と変わらず微笑む少女。しかし彼女を中心として、心葉と周囲の人達との絆は大きく軋み始める。一体何が真実なのか。彼女は何を願っているのかー。“文学少女”が“想像”する、少女の本当の想いとは!?待望の第5弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.53

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

49

未指定

60

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください