京都祇園の橋守さん よろづあやかしごと承ります

メゾン文庫

金沢 有倖 / 藤村 ゆかこ

2019年10月10日

一迅社

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

深い獄界の闇の底から呼び戻された最強最悪の鬼・酒呑童子。仏神に彼の魂の浄化を命じられた『橋守』の景は、新たに朱天という名前を与え、人として正しい生き方を教えるため、自身の営む『をの古物店』で居候生活を送らせることに。景から家事全般を任された朱天は、驚きばかりの現代文明と、景の霊力により引き出される『付喪神』たちとともに、二度目の生を歩み始めるー。京都花見小路を舞台に元・鬼+強力な優男+αで贈る、あやかし人情物語!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.4

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください