光の山脈

樋口明雄

2003年11月30日

角川春樹事務所

2,090円(税込)

小説・エッセイ

南アルプスと八ヶ岳にはさまれた村に生まれ、山の中で山とともに生きるロッタこと、六田賢司。地元の人間たちからは疎まれていたが、ロッタは妻の亜希と、猟犬のシオたちとともに、つつましく幸せな生活をおくっていた。だが、そんなささやかな平和は、長く続かなかった。新聞記者であるロッタの兄、洋一郎が、ロッタの住む村で行われている、産業廃棄物の不法投棄をスクープしたことが引き金となり、地元のヤクザたちから狙われることになってしまう。兄、亜希、そして家族同然の猟犬たちが、次々と不条理な暴力の渦に巻き込まれていき、ロッタは復讐のために武器を手にとり、戦いに挑んでいくのだがー。冬の山を舞台に描かれた、圧倒的な迫力のノンストップエンターテインメント。各誌紙で大絶賛された前作『狼は瞑らない』をも凌ぐ、渾身の書き下ろし。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください