柳生双龍剣

ハルキ文庫

長谷川卓

2004年11月30日

角川春樹事務所

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「加賀前田家・ご継嗣を殺めよ」一六一九年、徳川頼宣の転封に伴い、紀州田辺に移った附家老・安藤帯刀が、飛騨忍び“燕忍群”の棟梁に仕事を依頼した。一方、老中・土井利勝の甥、槇十四郎正方は、熊野街道で瀕死の重傷を追った忍びを助けるが、介抱むなしく事切れる。その後、桑名に向かった十四郎は、将軍家指南役柳生の嫡男、七郎とばったり出会う。紀州の陰謀を巡る柳生と燕忍群の血煙吹き上がる死闘が火ぶたを切る!槇十四郎正方シリーズ、待望の第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください