巷の美食家

グルメ文庫

開高健

2005年7月31日

角川春樹事務所

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「ぶどう酒であろうと、コニャックであろうと、何であれ、その良否を知る一つの方法は、日ごろから安物を飲みつけることである」-世界的な有名スパイの意外な好物、戦時中の電極パン、ベルギーのショコラ、南米のスコッチなど、最高の食と酒からゲテモノまで、一度は味わいたい一品の数々。行動する作家として世界中を旅した開高健が語る、傑作エッセイ集、文庫オリジナルで登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください