逢魔時の賊

八丁堀剣客同心

ハルキ文庫

鳥羽亮

2007年6月30日

角川春樹事務所

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

夕闇の神田連雀町の瀬戸物屋に賊が押し入り、主人と奉公人が斬殺された。賊は金子を奪い、主人の首をあたかも獄門首のように帳場机に置き去っていた。さらに数日後、事件を追っていた岡っ引きの勘助が、同様の手口で殺されているのが発見される。隠密同心・長月隼人は、その残忍な手口に、強い復讐の念を感じ取る。逢魔時に現れる賊ー探索を始めた隼人は、過去に捕縛され、打首にされた盗賊一味との繋がりを見つけ出すが…。町方をも恐れない敵に、隼人はどう立ち向うのか?大好評書き下ろし時代長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください