おくり梅雨

偽者同心捕物控

ハルキ文庫

早見俊

2008年12月31日

角川春樹事務所

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

蘭方医の望月宗庵は、雷雨の中、愛宕権現の石段下で倒れている男を見つけた。診療所での介抱により男は意識が戻ったものの、記憶を失っていた。北町奉行所の小者を務める要蔵は、その男が行方不明になった同心・阿久津金吾と瓜二つであったことから、自宅へと連れてゆくが、金吾の母、佐代は男が金吾でないことを一目で見抜く。自分の正体を知るため、そして消えた金吾を探すため、男は金吾が手がけていた事件を、「偽者同心」として引き継ぐのだったー。気鋭が書き下ろす、まったく新しい傑作時代長篇、ここに登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください