町火消御用調べ

ハルキ文庫

稲葉稔

2009年10月31日

角川春樹事務所

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

冬の芝愛宕周辺が大火に包まれた夜、家に取り残された子供を助けるべく、炎に飛び込む男がいた。火消の名は、直次郎。彼は子供を助けだすと、その場に倒れこんだー。数日後、まだ傷の癒えぬ直次郎に、岡っ引きの弥吉殺しの嫌疑がかけられた。先日、弥吉に絡まれた女を救おうと言い争いをした直次郎が、真っ先に疑われたのだった。自らの無実を証明すべく、直次郎は、犯人探しに奔走するが…。それは、直次郎の将来を変える事件の始まりだった。書き下ろし時代長篇、新シリーズ第一弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください