月夜の鴉

死なない男・同心野火陣内

ハルキ文庫

和久田正明

2010年1月31日

角川春樹事務所

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

年明け間もない両国の大川端で、男女の相対死が発見された。現場に駆けつけた同心の野火陣内と岡っ引きの左母次、池之介は、前日の雨にもかかわらず、死体の足元が濡れていないことを不審に思う。やがて、男は大店の若旦那であり、女は芸者であることが判明するも、女の亡骸を引き取るものはいなかった。陣内らは、女を弔おうと、寺で一晩を供にすることに。だが、死んだはずの女がなんと起き上がったのだー(「第一話 死ねない女」より)。型破りな同心・野火陣内が活躍する傑作時代小説、待望の第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください