梅の香

出入師夢之丞覚書

ハルキ文庫

今井絵美子

2010年4月30日

角川春樹事務所

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“ひとを真に愛することは、難しい”-鴨下道場で師範代を務める夢之丞には、出入師(喧嘩や争い事の仲裁)という裏稼業があった。久しぶりの仕事は、家の売買に関する騒動。その家の庭先にある梅の木の元から、四十路男のものと思われる髑髏が出てきたという!元遊女で六十路絡みの女性が永年住んでいたのだが…(「梅の香」)。義理と人情の町・深川で夢之丞が活躍する連作時代小説の傑作、シリーズ第三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください