髪結の亭主(二)

ハルキ文庫

和久田正明

2015年2月14日

角川春樹事務所

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大泥棒・ねずみ小僧次郎吉は、髪結「つばめ床」にすっかり居着いている。その夜も女将のおちか、亭主の千之介らと夕餉を共にし、ほろ酔いで塒へ戻ると、そこには黄金に輝く慶長大判が投げ込まれていた。その後も貧しき人のもとで続々見つかる五枚の大判。天の恵みか、人を欲に狂わす悪い夢かー。春待つ浮世に香りたつ、人の心の機微と謎。女たちで賑わう浅草の髪結床に持ち込まれる、不可思議な事件の顛末は。傑作捕物帳、第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください