高階杞一詩集

ハルキ文庫

高階杞一

2015年8月31日

角川春樹事務所

748円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

猫春雨

淡々と切なく、染みわたる

starstarstarstarstar 5.0 2020年03月24日

3年ほど前、ネットで「純朴な星」という1編の詩を読み、高階さんの文章に心惹かれていたのですが、結局詩集を手に取ることなく月日が流れていました。 ですが、最近になって詩に興味を持ち、ならばと手に取ったのがこの詩集です。 詩というと、高尚なもの、もしくは私的に閉じられた世界観という勝手なイメージがありました。 たしかに、高階さんの詩も、私小説的に立ち上がりますが、飛び立った先は、普遍的な空の向こう側。 淡々とした文体ですが、そのゆたかな文脈は読み手のイマジネーションを誘発します。 幼くして亡くなったお子さまへの思いは、詩を介して様々に投影されますが、その空虚さは、誰しもが胸にいだき、秘めたものでもあるでしょう。 お子さまの詩だけでなく、全編を通してただよう哀愁は、もの悲しくもなるものの、それ以上に、純朴さによって心のおりを浄化してくれます。 過剰な装飾も演出もない、童話のように素朴でおだやかなる短い詩は、だからこそいつまでも心のうちに響きつづけ、枯れていた日常生活に、うるおいを取り戻させてくれました。 詩集の入門書としても、童話としても、哲学書としても、ナイトキャップとしても、通勤のおともとしても、おすすめできる1冊です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください