髪結の亭主(四)

ハルキ文庫

和久田正明

2015年8月31日

角川春樹事務所

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

新米目付の風祭百太郎に縁談が持ち上がった。相手の雪江を前に浮かれる百太郎だが、雪江の兄・与一郎が刺客に狙われる場面に遭遇し、図らずも危機を救うことに。その頃、筑波山の山奥で、幼い兄妹が陣屋を脱出していた。猿のごとく樹上へ飛び上がり、忍びの技をつぎつぎに繰り出すふたりは、その足で江戸へーー。秋深まる浅草、今日も賑わう髪結「つばめ床」。悲しき過去を背負う兄妹も、人の情けにふれて……。書き下ろし長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください