千住宿情け橋(3)

ハルキ文庫

吉田雄亮

2016年12月31日

角川春樹事務所

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸四宿の一つ、千住宿。江戸に出入りする旅人たちや、三大市場の一つであるやっちゃ場の安寧を守っているのが、店頭を務める浅野屋十蔵たちだ。ある夜、青物問屋の会合の後、辻斬りで主人たちが殺される事件が起こる。それは、千住宿の支配を目論む江戸の両替屋の仕業だった。遣い手のすさまじい剣の技は、僧侶の覚然がかつて侍だったときの剣友・島田甚を思い起こさせた。やっちゃ場で売買される野菜の流通も滞り始め、千住宿の全体がかつてない危機に陥ってしまう。圧倒的な敵に向かって、十蔵たちは一丸となって最後の闘いへと挑んでいくー。大好評シリーズ、堂々の完結!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください