ほおずき灯し 江戸菓子舗照月堂

時代小説文庫

篠綾子

2019年10月12日

角川春樹事務所

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

立秋を迎え、照月堂でも秋ならではの菓子を出し始めた矢先のこと。なつめは、店前の仕事を一人で切り盛りする番頭・太助に、疲労の色が滲んでいることに気づく。そんな折、太助をますます疲れさせる客が現れた。かつて、上野の菓子舗・氷川屋と競い合いをしたときに判定役だった無役の御家人・陶々斉だ。陶々斉は、競い合いの際に久兵衛が作った菓子を食べたいと駄々をこねる。一方、好調だった氷川屋の商いが下り坂となるなか、互いに惹かれ合う氷川屋の職人・菊蔵となつめの関係はー。物語がいよいよ動き出す、大好評シリーズ第六作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

4

未読

13

読書中

0

既読

69

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください