国家覚醒

身捨つるほどの祖国はありや

渡辺利夫

2013年1月31日

海竜社

1,980円(税込)

人文・思想・社会

日本人という民族と日本という国家が歴史を織り紡いで未来にわたり「政治的共同体」として存続していくためには、国家として何が必要なのか、何を受容し何を排除すべきか。政治経済の名コラムニスト渡辺利夫の国家論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください