論理療法にまなぶ

アルバ-ト・エリスとともに

日本学生相談学会

1989年1月31日

川島書店

2,200円(税込)

人文・思想・社会

私たちは、自分自身のことや人間関係のなかで思いこみに捉われ、どうしようもない事態に陥ってしまうことがありますが、それらはしばしば非論理的思考に縛られていることが多い。本書は、そのような考え方を変容し、自己実現を促進する“論理療法”について、創始者であるエリス博士の来日講演・講義・ワークショップを基にして、その理論・技法・実際を紹介した最新書であり、人間の三側面“認知-感情-行動”にはたらきかける統合的・折衷的な論理療法は、心理療法・カウンセリングの世界で言う〈万教帰一〉につらなる有効な技法であることを示してくれます。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0

ABC理論や非論理的思考に対する考え方は非常に興味深く、教師という生徒のカウンセラーとしてどのように振る舞えばいいかの一端が見えた。特に、「〜ねばならない」思考を「〜にこしたことはない」思考に変換する考え方は非常に参考になった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください