学校におけるソーシャルワークサービス

ポーラ・アレン・ミアーズ / ロバート・O.ワシントン

2001年7月31日

学苑社

7,480円(税込)

人文・思想・社会

現在わが国では、子どもたちをめぐる問題に関する論議は活発であり、様々な対策が打ち出され実施されている。そうした既存の施策とスクールソーシャルワークの相違がどこにあり、米国でなぜ広く取り入れられたかを知ることは、わが国における対策を考える上で多くの示唆を与えてくれるはずである。本書はスクールソーシャルワークだけでなく、教育問題や障害児に対する施策および法律などに関する記述も詳細になされている。また、わが国の子どもたちにも当てはまる多くの共通性が見られ、子どもの教育・福祉に携わる人たちにとっても必読の書である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください