国語の授業で「対話的な学び」を最大限に生かす

対話的な学びこそが「深い学び」を生み「言葉による、見方・考え方」を育てる

国語授業の改革 20

「読み」の授業研究会

2021年9月1日

学文社

2,530円(税込)

人文・思想・社会

学習指導要領では「対話的な学び」が重視されています。それによって「深い学び」を実現し、国語では「言葉による見方・考え方」を鍛えるということのようです。しかし、その具体やそれらの関係については十分な説明がなく曖昧なままです。そこで次の3つのことを解明しました。国語の授業で求められている「対話的な学び」とは何か。どうしたら国語の授業で質の高い「対話的な学び」を実現できるのか。「対話的な学び」がどのように「深い学び」を生み出し、「言葉による見方・考え方」を鍛えていくのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください