要説発達・学習・教育臨床の心理学

内田照彦 / 増田公男

2000年11月30日

北大路書房

2,750円(税込)

人文・思想・社会

本書は、教育職員を志す学生諸氏が履修しなければならない「教職に関する科目」である「幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程(障害のある幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程を含む)」、「教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む)」や「生徒指導及び教育相談(カウンセリングに関する基礎的な知識を含む)の理論及び方法」のテキストとして執筆されたものである。編集においては、これまでの教育心理学、児童・青年心理学、臨床心理学などにおける知見や技術を「発達」、「学習」及び「教育臨床」心理学の3部に分けて構成し、子ども(障害児を含む)の発達過程、学習指導のあり方と生徒指導のあり方の理解を中心にまとめた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください