争覇の流通イノベーション

ダイエー・イトーヨーカ堂・セブンーイレブン・ジャパ

森田克徳

2004年10月31日

慶應義塾大学出版会

3,300円(税込)

ビジネス・経済・就職

売上至上拡大主義とM&A・「エブリデー・ロー・プライス」の問題点(ダイエー)、利益第一生存主義と単品管理の陥穽(イトーヨーカ堂)、効果効率共進主義とロジスティック・マーチャンダイジング・システムの構築(セブンーイレブン・ジャパン)等、分水嶺を画した要因を析出。岐路に立つ革新的流通企業3社の経営行動を徹底比較。ダイエーの危局、イトーヨーカ堂とセブンーイレブン・ジャパンの経営格差はいかにして生じたのか?3社の協力によるデータ・資料に基づき、実証的かつ理論的に解明する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください