大日本帝国欧州参戦

大戦勃発!

タツの本*Ryu novels

高貫布士

2008年12月31日

経済界

984円(税込)

小説・エッセイ / 新書

大日本帝国外務大臣・松岡洋右は満蒙国境での日満軍とソ蒙連合軍の紛争を終結させるための交渉をモスクワで終え、帰国の途にあった。国境の駅・満州里で銃声が響き、松岡は倒れる…。極東情勢に危機感を抱く英国政府は、日本に接近し、水面下で日英軍事協定の可能性を探る。日本側も駐英大使・吉田茂が秘密交渉の指示を受けて動き出す。問題は、蒋介石政権の動向だった…。モンゴル国境の戦闘は、兵力で勝る赤軍が日本陸軍航空隊を圧倒して勝つはずであった。ところが、新型機を投入した日本軍の反撃で戦闘は長期化の様相を呈す…。ユーラシア大陸を舞台に帝国陸海軍の活躍が始まる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください