闇の航跡

ケイブンシャ文庫

黒岩重吾

1991年2月1日

勁文社

641円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

いんちき宗教・天光霊会の女教祖・良乃が焼死した。犯人は夫の喜助だった。10年後ー当時の秘書で、今は代議士・杉岡田の秘書となった高倉の前に、突然喜助が現れ、真犯人は他にいると言い出した。杉岡田と高倉は喜助を利用して自らの政敵を葬ろうと画策、過去の事件を洗い直し始めるのだが…。長篇異色問題作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください