黒白の十字架

ケイブンシャ文庫

吉村達也

1996年6月15日

勁文社

594円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

アマチュア劇団に参加する銀行員がマンションの一室で刺殺された。血の海となった惨劇の現場に遺されたのはゴリラらしき足跡と被害者自筆の書きかけの日記。だが日記は、その日にかぎって横書きで記されていた。渋谷署のベテラン刑事・夏目邦雄はその謎に着目、事件当日の被害者の行動を洗う。だがその矢先、犯人から新たな殺人を示唆するクロスワードパズルが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください