掠奪の凶弾

長篇ハード・サスペンス

ケイブンシャノベルス

龍一京

2000年5月31日

勁文社

880円(税込)

小説・エッセイ / 新書

羽田空港近辺でタクシー運転手が射殺され、乗っていた女性が何者かに拉致された。女性は、退官後公証人をしている元検事の愛嬢だった。検事と旧知だった元警視庁警部の本郷義久は、かつての上司に依頼され彼女の行方を追う。だが調査を進める本郷は、事件の背後に、ある企業の内部権力抗争とそれに絡む暴力団の存在を察知。犯人の放つ凶弾がさらなる犠牲者を生む中、本郷は醜悪な欲望に駆られた犯人に肉薄するが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.6

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください