海軍技術者たちの太平洋戦争

「海軍空技廠」技術者とその周辺の人々の物語

碇義朗

1989年7月31日

潮書房光人社

1,601円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

敗戦という名の国家存亡の時代に、はしなくもつばさをもがれた空技廠の面々は、苦難に矜持を忘れず、焦土と化した国土から不死鳥の如く蘇る。エレクトロニクスに、新幹線に、ロケットに、カーメカニックに、世界の注視する技術開発を次々と実現、戦後成長の一翼を担うに至る、その原点がここにある。本書は、不可能を可能にした技術者たちの粘り強い精神、惜しみなき研鑽と力の結集を、多くの肉声を通して描いた感動の書き下ろしノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください