帝国陸軍の最後(5)

光人社NF文庫

伊藤正徳

1998年5月31日

潮書房光人社

764円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

本土上空を敵機の跳梁に委ねた陸軍は、敵大部隊を地上に迎えて乾坤一擲の大殱滅戦を行ない、その上で和平の道を探ろうとしたー活路を求めて戦線を縮小するビルマ・中国の二大退却戦と圧倒的なソ連軍と激突した悲劇の関東軍盛衰記、そして空襲下に戦備を進めた本土決戦の全容と終戦工作を描く伊藤戦史完結篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください