第七駆逐隊海戦記

生粋の駆逐艦乗りたちの戦い

光人社NF文庫

大高勇治

2010年6月30日

潮書房光人社

859円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

太平洋戦争の開戦時、南雲機動部隊の行動をカムフラージュするためのオトリ部隊となり、ミッドウェー島に猪突猛進。スラバヤ海戦は勇躍奮戦するも、戦果はすべてが上級部隊の手柄となるー高速力を活かして重宝がられ、貧乏くじをひきつづけた日本海軍の駆逐隊の戦いの日々。極北の氷海から南溟の果てまで太平洋狭しと暴れまわった“駆逐艦野郎”の赤裸々な姿を描いたノンフィクション戦記。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください