シネマの裏窓

ある活動屋の思い出ばなし

小川正(1906生)

1986年11月30日

恒文社

1,320円(税込)

エンタメ・ゲーム

無声映画からトーキーへ、さまざまな有為転変の末、大きくさま変わりした日本映画界は、戦後、娯楽の王者として、スクリーンに大輪の花を咲かせ、多くの人びとを魅了した。本書は、戦後初の時代劇映画『国定忠治』や、東映隆盛のきっかけともなった『笛吹童子』等のシナリオライターとして大活躍した著者が、映画製作者の内側にスポットを当てて、軽妙洒脱な筆致で、とっておきのエピソードを紹介する!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください