異端の宗派ボゴミ-ル

ディミ-タル・アンゲロフ / 寺島憲治

1989年12月1日

恒文社

4,805円(税込)

人文・思想・社会

“悪魔は神の長子であり、キリストは第二子である”として当時の腐敗した封建体制と教会イデオロギーを鋭く批判したボゴミール派は、抑圧された民衆をふるい立たせ、貴族層にまで支持されるに至った。本書は、その起源から衰亡までを歴史的に解明する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください