あいだ哲学者は語る

どんな問いにも交通論

篠原資明

2018年11月30日

晃洋書房

1,870円(税込)

人文・思想・社会

“communication”は哲学の世界において、「交通」とも訳される。「交通」といえば、移動が連想されるが、それを逆手にとり、交通様態によって生じる“あいだ”のありようをもとに、身近なところから根源的なところまで、さまざまな“あいだ”の捉え方を考える。哲学者と女子大生が“あいだ”について語り合う、テンポ良く読める一冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください