ユング派の臨床

河合隼雄

2000年2月20日

金剛出版

2,860円(税込)

人文・思想・社会

本書は、分析心理学の治療者、研究者を一堂に集め、日本を代表する心理療法家・河合隼雄により、ユング派心理臨床の実際を知るものとして編まれたものである。取り上げられた論文は、死の問題、母国文化、女性性、分裂病、父親観、日本文化、転移/逆転移、また、トランスパーソナル心理学や対象関係論との接近をはかるものなど多岐にわたる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください