精神障害者を支えるグループミーティングのメソッド

作業所・デイケアでスタッフのできること

中村正利

2007年2月28日

金剛出版

2,640円(税込)

人文・思想・社会

統合失調症のような重篤な精神障害も、作業所・デイケアのスタッフのかかわり、そして仲間の力によって再発のリスクが減り、自立や社会復帰が可能になります。本書は、そうした人の力を導き出す「グループミーティング」のノウハウと、自立を目標とする作業所・デイケアの運営の知恵がだれにでもわかりやすく書かれた一冊です。グループミーティングとは、スタッフが司会となり、メンバー(患者)たちとそのときにあったさまざまな対話を通して、メンバーの本来持っている能力を引き出し、メンバー同士の横のつながりを活性化し、自分のなかにこもっているメンバーに外へ出る勇気を与える援助技法。著者は、精神科デイケアや精神障害者を対象とした作業所を運営し、グループミーティングを実践してきた第一人者で、一人でも多くのメンバーが自立できるようなグループミーティングの方法を説き、作業所やデイケアのスタッフがいかにメンバーにかかわってゆくかを語ります。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください