家族療法テキストブック

日本家族研究家族療法学会

2013年7月31日

金剛出版

6,160円(税込)

人文・思想・社会

個人や家族の抱えるさまざまな心理的・行動的な困難や問題を、家族という文脈の中で理解し、解決に向けた援助を行っていこうとする対人援助方法論の総称が「家族療法」である。本書は広範な臨床領域と多様な理論的背景を持つ家族療法の全体像を把握し、理解できるよう、黎明期から現在にいたる理論・実践史をまとめた「理論編」と医療・教育・福祉・司法など多領域からのアプローチを網羅した「臨床編」で構成されている。事例を交えたわかりやすい記述、用語解説・コラムを収載した本書は、家族療法を学ぶための最適な入門書であり、より詳しい探索のためのガイドブックでもある。家族療法が日本に本格導入されて以来30年の理論と実践を集大成した、本邦の家族療法家たちによる初の家族療法の教科書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください