皇子の花嫁

熱砂の寵愛

Cross novels

秋山みち花

2011年8月31日

笠倉出版社

979円(税込)

ボーイズラブ(BL)

「おまえは黙って俺に抱かれていればいい」シュバールを訪れた漣は、砂漠で倒れていたところを皇子サージフに助けられる。彼は口ぶりは乱暴だが、衰弱する漣を気遣ってくれた。しかし、漣が探していた王位継承の条件ー花嫁ーだと分かると態度は一変した。組み伏せられ、花嫁の証として陵辱されてしまう。常に傲慢かと思えば、美しい砂漠の夕日を見せてくれる優しさもあり…彼の真意は蜃気楼のように掴めなかった。心が揺れる中、漣は純白のドレスを纒わされ、神前で永遠の愛を誓うことになりー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください